トラクターの中古買取り~需要のある高額買取り~

剪定作業の必要性

なぜ剪定が必要なのか

grass cutter

樹木を剪定する目的は大きく分けて二つあります。まずひとつは、樹形を整え、他の庭木や建物との調和を乱さないため。樹形を美しく維持するために、毎年の剪定作業は欠かせないわけです。また、樹木は放任するとどんどん大きくなり、剪定を行わないと、日当たり・風通しを維持できず、栄養分が行きわたらくなって、病害虫発生の原因になるのです。つまり、樹木の健康を維持するためです。ほとんどの樹木は年に1,2回剪定をおこないます。時期としては休眠期の冬と、発芽以降の夏になります。品種によって枝を切る場所が異なりますが、基本的には「間引き剪定」と「折り返し剪定」という方法で行います。作業を行うには、剪定はさみを使います。太い枝はのこぎりを使いましょう。

作業をするに際して気を付けなければならないこと

剪定をする時に注意することは何でしょう。基本的なことでは、枝を切りすぎないことです。込み入っている枝を切って整理するだけにして、できるだけ多くの枝を残すようにしましょう。また、植えつけ後、最初の1,2年はあまり強い剪定を行わずに、のびのびと育てて幹の骨格を作ります。落葉する樹木は、冬季は休眠期になりますので、冬に重点的に行います。寒さに弱い常緑樹は芽吹き直前の2月下旬から3月下旬に行います。また、冬の間に花が咲く品種は9月に行います。成長期の春や夏は、枝先を整える程度の軽い剪定を行います。枝を切るときは、残す芽のすぐ上で切るのが基本です。芽の上を長く残して切ると、芽はいったん横に伸びてから上を向くので曲がった枝になってしまうので注意しましょう。